岩﨑仁志コラム
トップページ  > コラム > HFS vol.14 岩﨑仁志コラム 【愛をもって共に成長し続ける社風】

HFS 新聞コラム記事

►出路雅明&岩﨑仁志コラム    ►出路雅明のブログ「新・やる気伝道師日記」


HFS vol.14 岩﨑仁志コラム
【愛をもって共に成長し続ける社風】

【愛をもって共に成長し続ける社風】


 まいど、おおきに、12月も末になりなりました、皆さん、元気にお過ごしでしょうか??
私は風邪をこじらせながらも、サーフィンに、釣りにと海へせっせと通っています、京都縦貫道がやっと全線開通したこともあってあっという間に日本海です、ありがたいことです。
毎年、僕は12月いっぱいで遊びおさめ、1月、2月、3月は、無趣味で過ごし4月から再開、しかし今年はサーフィンブームが来ています、1月も2月3月も完全防寒をして雪の積もる日本海へゴーゴーゴー!!の予定でいます。
ウエットスーツはもちろん、グローブをして、ブーツを履いて、ヘッドキャップをして海女さん状態で海に入ります、そこまでしても行きたいって何なんでしょうね。
仕事も趣味も、自分にとっては大好きな事。大好きな事を一生懸命やる事でエネルギーがさらに湧いてくるように感じています。

 そして、近年はお休み頂いていた年始の初売りも、店舗にがっつり入ろうと思っています。
自分にできることをみんなと同じレベルでやってみたいと思います。
また、みんなの頑張っている姿や、お客さんの表情を見たい。
作業の多さや、不必要な事はないか、現場が困っていることはないか、それを見てみたい(改善する事はめちゃ得意です)。
お正月だけの期間だけで見きれるとは思っていませんが、まず、年始から気合を入れて現場に入っていくぞ!!って思っています。
どこの店舗に行くかは決まっていませんが、その際は遠慮なく仲良くしてください、よろしく!!


 自分自身について感じたことであり、会社全体に流れる全体感について感じていることがあります。

 甘い上司(私含め)の元で、機嫌よく仕事してくれる部下はふつうに結構多くいます。
でも、そんな部下の中には厳しくされたり、自分のやり方考えとは違うことを言われたりすると、途端に機嫌が悪くなり、素直に仕事をしてくれなくなる人もいます。
自分自身がそういう態度になってしまっていることもあります、一人一人にはプライドもあります、その状況での言い分もあります、なので、そういった人達の気持ちがわからないわけではありません、むしろよくわかります。逆に上司に問題があることも少なくないかもしれません。
でも、その人の気持ちがわかるからと言って、そのままでは困ります、どんな理由であれ、ヒューマンフォーラムの目指すものは、【素晴らしき仲間の集い】【ええやつ】【素直】【大好き】【仲良し】そして、【成長】【変容】です。
そして、使命の3つのええ仕事にもある【仲間を育てる】が私たちの仕事である以上、そういった人が生まれるような会社にしちゃだめだなと思いました。

 また、今、既にできるようになった仕事のレベルに、十分に敬意をもって認めた上で、もう一つレベルの高い仕事を求めることをし続けていきたいと思っています、人はどんどん成長していきます、ある程度できるようになった先輩社員もさらに成長してほしいと思っています、私も現状に満足して成長が止まってしまうことも経験してきましたし、見てもきました。それを引き上げ続けていくのも上司(私含め)の大事な仕事だと感じています。
 一見厳しいようですが、甘く育てられた人のその先に待っている試練の方が、よっぽど酷で厳しくつらいものになると実感しているからです。
 愛をもって厳しく育てる事で、これからぶつかる厳しく辛いことにも、負けないひとりひとりを、【愛をもって育てていく】、【共に成長し続ける】そんな会社でありたいと思いました。


 自分の中でも、腑に落ちて自分の経験、自分の言葉で、会社の理念や、使命なんかがひとつひとつ理解できてきました。
 今回は、人を育てる事の大切さ、使命を、肌身で感じました。

人を育てるという簡単ではないテーマに、全員で本気で向かっていく、そんな会社にしていきたいと思っています。

 まだまだ、やれること、やりたいことは山済みです。
 言葉だけではなく、形として、行動として、結果としてあらわれてくるほどまでに、共に全員でやっていきましょう!!悩んだり迷ったりしながらもみんなでやっていきたいましょう!!


2015年度も残りわずか、みなさまおつかれさまでした、ごくろうさまでした、本当に本当にありがとうございました。

 来年からも、ヒューマンフォーラム全員で一致団結して、ええ会社を、ええ一人一人から創っていきましょう!!!


 よろしくお願いします