出路雅明コラム
トップページ  > コラム > HFS vol.14 出路雅明コラム 「仲間」

HFS 新聞コラム記事

►出路雅明&岩﨑仁志のコラム    ►出路雅明のブログ「新・やる気伝道師日記」


HFS vol.14 出路雅明コラム
「仲間」

「仲間」


 ヒューマンフォーラムの素晴らしき仲間のみなさん、いつも現場でガンバっていただき本当に「ありがとうございます」。 
GWNは「お楽しみ様でした!」 今回のGWNはヒューマンフォーラムの仲間だけではなく、お取引先の素晴らしき仲間の皆様にも参加していただき新しいGWNになったと感じています。 
これからも「素晴らしき仲間」として新しく面白い価値や生き方を共に創っていけますこと心より願っています。 
ありがとうございます!

 さて今号のコラムでは「素晴らしき仲間の集い」から「仲間」ってことについてのヒューマンフォーラムの想いを語らせていただきます。 
固い話になりますが、今、日本では自殺者が3万人を超えています。 
モノは充分に満たされ、食べ物にも不自由することなく、ものすごい情報で溢れかえっているにもかかわらず、、、 
私たちは、漠然とした「不安」を感じ、いつも満たされきれない不満を持って、えもしれぬ「孤独」を感じています。 
豊かになりたい、安心したいって想いで築かれたはずの世の中の仕組みが誤作動しはじめているのだと感じます。 
このようにモノや情報だけでは「不安」や「孤独」を取り除くことはできないってことは明白です。
ヒューマンフォーラムでは、そんな「不安」や「孤独」を解消できるのが「仲間」だと考えます。 
モノや情報を追い求める一人一人の心の根底に「仲間」ってニーズが潜んでいると感じます。
私たちヒューマンフォーラムは、「仲間」という社会全体のニーズに応えるような商品やサービスを創造し提供し続けます。 
そして商品やサービスだけではなく「コミュニティー」(集い)や「生き方」を仲間と共に創っていくことで社会に貢献し続けます。 

 今、世の中は先の見えない激動・激変の時を迎えています。 
一歩先が見えない今、新しい生き方、面白い価値を創っていくためには、仲間が一つになって力を合わせていく“集い”が必要だと強く感じています。 
今一緒にやってる仲間一人一人の共感をより深めること、共感してくれる新しい仲間を創っていくこと、仲間と共に新しく面白い価値や生き方を創り続けること、そして携わる全ての仲間が成長し変容し楽しみ続けることがヒューマンフォーラムの想いであり願いです。 
少し難しいことを書きましたが、何と言っても「仲間」っていいもんですよね。 
理想に向かって時に厳しく、時に優しく、時に励まし合い、一緒になって喜べる仲間がいるって本当に幸せなことですよね。
 
 ヒューマンフォーラムの素晴らしき仲間に恵まれたこと心から感謝しています。 
これからも「元気に、明るく、ちょっとアホ!」にチャレンジを楽しんでいきましょう! ありがとうございます!