岩﨑仁志コラム
トップページ  > コラム > HFS vol.9 岩﨑仁志コラム 「『価値創りと本当に強くなる』 と、やっぱり『ユニークに!!!私たちらしく!!』」

HFS 新聞コラム記事

►出路雅明&岩﨑仁志コラム    ►出路雅明のブログ「新・やる気伝道師日記」


HFS vol.9 岩﨑仁志コラム
「『価値創りと本当に強くなる』 と、やっぱり『ユニークに!!!私たちらしく!!』 」

「『価値創りと本当に強くなる』 と、
  やっぱり『ユニークに!!!私たちらしく!!』」



HFのみなさま、おつかれさまです。
日々のお仕事、ごくろうさまです。
そして、日ごろからお世話になっていますお取引先様方、毎度ありがとうございます。是非、最後まで読んでください(笑)。

 いやぁー、本当に早いもので本 年度のやったるで総会から、早くもHF半期が終わろうとしています。私事としましては、2月のHF20周年式典、そして社長職に就任してからの半期をめまぐるしい変化の中で、試行錯誤しながら精一杯過ごしてまいりました!!と言いたいところでは在りますが、実際は、社長職と言う役割、責任、在り様など、手探り状態の中、自分自身どういった立ち位置で仕事するべきなのか?と言う自分自身との葛藤。部下、上司、組織における信頼関係創りにおける試行錯誤、どうしても一朝一夕に創られる信頼関係というのは難しく、私の真意を理解してもらえず、なんとも空しい気持ちになることもありますし、逆に私が意固地に他意見を理解することに抵抗してしまう事など多々あります(泣)。雨降って地固まるという言葉にあるように、うまくいく時いかぬ時を繰り返しながらも少しずつ信頼関係を固めていければと思っております。そんな感じなので、多くの皆様に『社長になってどうですか?忙しいですか?変化はありましたか?』などなど、お気使い頂きお声かけ頂くことも多いのですが、正直、まだそこまで至っておりません(涙)と言う感じです。

 そんな中、日々感じる事があります。と言うより徐々に私の中に育ちつつある信念のようなものかもしれません。信念と言うとおそらく大袈裟過ぎますが、なにかずっと消えてなくならない想い、消えてなくならない気持ちの様なものが自分の中にあるなぁーとここ最近になって気付き始めたと言う感じです。その事について今回のコラムを進めてみたいと思います。

『価値創りと強くなる』
これは、今年度やったるで総会で私がお話しさせていただきましたタイトルでした。もう一度説明させていただきます。

【価値創り】は、価値ある店創り、価値ある品揃え、価値ある売り場創り、価値あるスタッフ創り、価値ある店内イベント創り、価値ある繋がり創り(お取引先様やお客様との)…もっと細かく言えば価値あるPOP創り、価値あるBGM創りなどなど。こういった細かいところまで、価値創りと言うものがあると思っていますし、細部にこそ魂(想い)が宿っていると思います。他の洋服屋さんやレストランなんかでも、細部にいたるまでのこだわりを感じると本当に素敵だなぁーと感じる事がよくあります。

 そして、【強くなる】は、利益体質として粗利が高く、経費が少ない、生産性の高い会社創りをする!!と言うものでした(誤解の無いように、利益追求型の利益至上主義では全くなく、一人一人の努力や頑張りをしっかりとした利益と言う形で残し、それを従業員やお客様へ感謝の気持ちと共に、気持ちだけではなく形あるもので還元したいと言う想いからきています。)【強くなる】はやはり今期の最重要テーマの一つではありますが、今回お伝えしたかったこととは違いますので、このくらいにしておきます。

 今回付け加えた【ユニークに、私達らしく】これは、他にない全くもって新しいモノを、私達の企業風土だからこそ生みだせると感じたからです。私達の企業風土とはこんな感じでしょうか、仲がいい、大好き、ちょっとアホ、いろいろな性格、性質の人々の集まり、計画性も大事、それと無計画のとりあえずやってみよう!!主義も大事、若いスタッフ、若い組織、失敗が許される。そして何より、一人一人実力もある!!【私達の風土だからこそ生まれる価値】が必ずあるという認識が高まったと同時に、【私達の風土だからこそ生めない価値】もあると言う認識も作られました。私達の価値創りは長所進展【私達の風土だからこそ生まれる価値】をより伸ばし、磨き、育てることであると今は感じています。だから【ユニークに私達らしく】なのです。

 今現場では、バタバタと忙しい日々が続いていると思います。やってもやっても仕事が追いつかず、なかなか思うように売り上げが上がってこず、上司からのプレッシャーや、自分の置かれる立場から責任を感じ、どこか歯車が噛み合わない事へのもどかしさや苛立ち、悔しさなど…、私自身も、諸先輩方も同様に経験して来た道ではありますが、正直言ってしんどい道ではあります。私はそんな時は、こんな感じでした。日々の忙しさの中で、目的を見失い、責任からか売上だけを信じ、売上を自分のモチベーションに変え、お客さまを後回しにし、本来この仕事をしている意味を忘れ仕事(作業)に没頭し、逃げ出したくなったり、周りを責めてみたり。しかし、今は少し違って考えられます。そんなときだからこそ『価値創り』を『ユニークに私達らしく』していければ、その先に必ず、お客さまに喜んでいただける【ビックリワクワク】を生み出し、結果、売上も付いてくる、みんながやりがいと誇りを持ってハッピーに働ける、お店、会社を作れると感じています。また、スタッフ一人一人が、たのしく、やりがいを持って、お客さまに、ビックリ、ワクワクをお届けできる環境創りを、私のやるべき事としてコツコツ、スピード感を持ってやっていきたいと思います。

 みなさまー、いつも、ありがとうございます。感謝しておりまーす。