出路雅明コラム
トップページ  > コラム > HFS vol.8 出路雅明コラム 「常に考え 即動く ~面白さ×新しさ=インパクト~」

HFS 新聞コラム記事

►出路雅明&岩﨑仁志のコラム    ►出路雅明のブログ「新・やる気伝道師日記」


HFS vol.8 出路雅明コラム
「常に考え 即動く ~面白さ×新しさ=インパクト~ 」

「常に考え 即動く ~面白さ×新しさ=インパクト~ 」


 ヒューマンフォーラムの素晴らしき仲間のみなさん!いつも現場でバリバリ〝ええ仕事〟をしていただき ありがとうございます!この新聞がみなさんのところに届く頃にはゴールデンウィークを越えてホッと一息ついているころでしょう。本当に おつかれさまです&ありがとうございます。さて今号のコラムでは、2014年度の「やったるで総会」でお話しさせていただいた「常に考え 即動く」ってことについて書かせていただきます。前年度「SNK」(新年会)のDVDでも同じキーワードを使って話をさせてもらいましたが、今回は特に「即動く」ってことが「なぜ大切なのか?」について説明します。

〝常に考える〟ことの必要性・重要性については「やったるで総会」でもお話したように、これからの激しい競争の時代に「目いっぱい自分の頭で考えることが競争力の原点」になってくるってことでした。しかもそれは、ごく一部のリーダーだけが考えることではなく、現場にいる一人一人が自分の頭をフル回転させ考えることが求められる時代がきているとお伝えし、そうなっていただきたいとお願いをしました。一人一人が自ら考えて自ら動いていく〝ええ仕事〟をHFの中でドンドン実現させていくために、またみなさん一人一人に常に考えるクセをつけていただくために「アイデア・ブレスト」という仕組みもスタートさせました。お客さんが喜んでくださる面白いアイデアや、仲間が楽しく仕事ができるアイデアなどを常に考えながらお仕事していただけるといいなって思っています。「なんで上手くいかないんだろう?」って考えたり「どうしたらもっと上手くいくんだろうか?」とか「どんなことをしたらお客さんが喜んでくれるんだろうか?」って、一人一人がいつも考えている会社になったらいいなってことです。でも、いくら面白いアイデアを考えたところで、何もしなければ何もはじまりません。そう考えると「常に考える」と「即動く」がワンセットになってはじめて 新しく面白い価値の創造へとつながるのです。そんなことは言われなくても誰にでも解っていることだと思います。

ここで大切になってくるのは「即」ということで、今号のコラムでは特に「即」に動かなければならないってことをお伝えします。では価値の創造において、なぜ「即」ってことが重要かってことを物理的に説明させていただくと、、、物理の法則では、衝撃力(影響力)=「質量」×「スピード」という公式が成り立っています。この法則を私たちの仕事に例えると、衝撃力(影響力)が、お客さんや仲間に与えるインパクトってことになり、それは〝お客さんや仲間に与える価値〟と言うことができるでしょう。次に「質量」は何かと考えると、やはり〝面白いアイデア〟ってことになると思うのです。アイデアが面白ければ面白いほどお客さんや仲間に及ぼすインパクトは大きいってことは当たり前です。では次に「スピード」ってことが衝撃力・影響力・インパクト・価値にとって、いかに大切な要素になっているかを説明します。どんなに面白いアイデアでも時間がかかり過ぎて時代遅れになると価値がなくなってしまうのは当たり前です。はじめにも述べましたが、これからの激しい競争の時代を勝ち抜いていくには「目いっぱい自分の頭で考えること」だけではなく「スピード」が絶対条件になってくるのです。

それは仕事においても同じことで、例えば同じ仕事を任せられた人が二人いたとして、2日でできた人と10日かかった人では、仕事の成果(価値)は明らかに違うし、上司に与えるインパクト(評価=価値)も違います。当然ですが同じ出来栄えであれば2日でスピーディーに仕事をできた人の方が大きな価値を創造したってことになるのです。そう考えると価値を創造していくことにおいて「スピード」が重要になってくる理由が見えてきます。それは、いかに「早く」「新鮮」に〝まったくもって新しい〟状態で価値を提供できるかが重要だってことなのです。そう考えると 価値(衝撃力・影響力)= 面白いこと(質量)× 新しいこと(スピード)ってこととなり、HF的に言いかえると「価値の創造」=「とんでもなく面白いアイデア」×「まったく新しいアイデア」って感じになると思います。

 何度も言いますが今は激しい競争の時代です。考えてばかりいたら、せっかくの「面白いアイデア」も新しくなくなっちゃうのです。ではどうすればいいか、簡単です。即動くことです。アイデア・ブレストにメールしてみる、上司や先輩に勇気を出して提案してみる、そして何より現場でやってみることです!常に考え即動いていただけますことを願っております。私自身もHFの一員として常に考え即動く〝ええ仕事〟をしていきます!